arrow-left icon arrow-right icon behance icon cart icon chevron-left icon chevron-right icon comment icon cross-circle icon cross icon expand-less-solid icon expand-less icon expand-more-solid icon expand-more icon facebook icon flickr icon google-plus icon googleplus icon instagram icon kickstarter icon link icon mail icon menu icon minus icon myspace icon payment-amazon_payments icon payment-american_express icon ApplePay payment-cirrus icon payment-diners_club icon payment-discover icon payment-google icon payment-interac icon payment-jcb icon payment-maestro icon payment-master icon payment-paypal icon payment-shopifypay payment-stripe icon payment-visa icon pinterest-circle icon pinterest icon play-circle-fill icon play-circle-outline icon plus-circle icon plus icon rss icon search icon tumblr icon twitter icon vimeo icon vine icon youtube icon

CONCEPT

Coffee is a great adventure

 

私たちの焙煎所は、コーヒー豆を焙煎したり販売したり又はコーヒーを飲んでいただく場であり、又、より深い可能性を秘めた場でもある、と思っております。

ひとつひとつのコーヒー生豆は、私たち人間ひとりひとりと同じように、唯一無二の個性をもっています。そして、人間と同じようにどの豆も、完全無欠というものはありません。

この、完全無欠ではない、という性質を持った豆達を私たちはいただき、それぞれの生豆に合った焙煎をしたいのです。この豆には、この焙煎のプロフィール·やり方のみが合う、というようには捉えません。

又、コーヒーの抽出方法も、どれが一番良い と言えるものではないと思っています。

私どもがどのような味が好きで、又、その豆をどのように受け取っているかが、店でのそれぞれの豆のいれ方に反映されているのです。

確かに焙煎の時のほんの少しの温度の違いで、最後に飲まれる時のコーヒーが違うものになります。そこで、この豆にはこのやり方のみが一番良い準備の仕方だ、と伝えられることがしばしばあります。私どもは、その様に表現する方々に反論しようとしているのではないのです。

私どもは、お客様にご自分の家で、ご自分の一番好きな味のコーヒーを、ご自分で準備していただく様に、勇気を持っていただきたいと思っています。そして新しいやり方を探求し試し続けていただきたいのです。

私どもは、お客様ひとりひとりがなさる、コーヒーにまつわる冒険の旅の一部分でありたい、と願っております。

バリスタとして修行してまいりました私どもの知識と経験を、お客様に伝えたり、またお客様のコーヒーに関する疑問などに答えることができるのは、大きな喜びです。また同じように、お客様から、我々が提供するコーヒーやコーヒー全般についてのご体験、ご経験や感じられることをお聞きしたり、コーヒーというテーマでやりとりをする事ができれば、嬉しいかぎりです。

また、喫茶店、カフェ、レストラン、その他お店を営んでいらっしゃるお客様とも喜んでお取引をさせていただきたいと願っております。

私どもの焙煎所で揃えている品々から、ご経営のお店の為に時別な商品をご提供する事ができましたら、大変光栄です。または、ご希望に添った世界に一つだけのコーヒー、或いはお客さまの為だけの特別なコーヒーを見つけ出したり、生み出すこともできます。

ご遠慮なくお話しくだされば、とても嬉しいです。

また、メールでのご連絡もお待ちしております。

我々は、できる限り多くのコーヒー生産地からの、可能な限り多くの種類のプロセス(処理)の生豆を揃え、焙煎し提供するようにいたします。そうする事で、お客様の皆さまに、コーヒーの多様性に触れていただくことになります。

我々のカフェで、水で洗われた豆(washed)と乾燥させられた豆(natural)の違いを、ぜひご体験ください。

また、最近になり発展してきた処理方法で準備されたコーヒー豆も、トラコーヒーロースターズにて、ぜひご体験なさってください。

始めに申し上げたとおり、おいしいコーヒー1杯を準備するのには、沢山の方法があります。

私どもが選んでいるやり方は、多様性のうちの一角のみです。

どの準備方法を選ぶかで、どれだけ最後のコーヒー1杯を違うものに変えるのか、という事実を皆さまにお伝えするのにはうまく合っている、と思われるやり方です。例えば、お客様のお気に入りのフィルターコーヒーを、次の時にはエアロプレスにてお作りしお出しする事もできます。おそらくその味の違いに驚かれるのではと思います。

私どもの焙煎所で使われている機械や道具、付属品もいくつかの最高レベルのメーカーや供給者の物を選んでおります。これらの品を選んだのは、これらが、トラコーヒーロースターズが行おうとしている事に合っているからです。

世界中には、最高のコーヒー1杯を生み出す為に、本当に多くのデザイナーや技術者、発明家や職人が皆それぞれのエネルギーと情熱を傾けて仕事をしています。彼らのその終わりないエネルギーと情熱のお陰で、内外共に魅了される様な素晴らしい機械や道具が生まれます。そしてそれらの機械や道具はそれぞれの独特の特質、やり方で素晴らしいコーヒー1杯を生み出すのです。( 私どもの使っている機械や道具は世界で一番のものであり、そういう訳でそれを使用しているのです。)というようなことを我々がお客様である皆様に申したとすれば、それは傲慢に尽きないことです。

もしもお客さまがトラにいらしてから、トラで使用されている器具など同じように使ってくださる事もあるかもしれません。

でもお客さまがトラで焙煎豆を購入され、その翌朝に( よしではトラの豆をうちの別メーカーのドリッパーで入れてみよう!)という風に実験されるとしたらそれは我々にとって嬉しい事です。

我々の生きる地球の自然環境と、コーヒーの生産者に対して、持続可能である事と責任を持ち行動する事は、私どもにとりとても大切なテーマです。トラの大きな目標の一つは、ご提供するコーヒーの全てを農場の生産者から直接買い入れる、という事です。今現在は取り扱うコーヒーの全てをそうすることは出来ていませんが、我々と取引してくださっている輸入業者さまは、この同じ哲学を持っておられ、また現地の状況に合わせ、生産者を支えながら適正価格で取引なさっています。

この真摯な責任ある姿勢を、私どもロースターでも引き継ぎます。

また、我々のお客様にもよろしければこの私たちの思いを、可能であれば受け取っていただきたいと願っております。

私どものカフェ店内でコーヒーを召し上がっていただく時には、すべてのお飲み物をセラミックかグラスの容器で提供させていただきます。お持ち帰りのお飲み物については、お客さまがもしマイカップをご持参くださるという、小さなしかし大きな意味のある行動をとってくださる事で、私どもの目指すところを支えて下さることになります。マイカップをお持ちいただいたお客様には、ご注文の際に少しばかりですがお値引きをさせていただく事で、こちらの感謝をお伝えいたします。また、店頭で焙煎豆をお買い上げいただく際にも、もしご自分のコーヒー豆容器をご持参の場合は、そちらにご希望の豆をお入れいたします。こちらの時にも、お客様のとられた行動への感謝のしるしとしてお品からお値引きさせていただきます。店内においても、マイカップやコーヒー豆容器をお買い上げできるように、揃えてお待ちしております。持ち帰りのマイカップをお持ちでない場合にも、環境に配慮したペーパーコーヒーカップにお飲み物をお入れし、提供いたします。

最後にトラロースターズに多からず少なからず影響を与えている、私の祖国オーストリアと、その中でもイタリアに近い生まれ故郷について申し上げたいと思います。

オーストリアには、コーヒーハウスの長い伝統があります。

語られるところに拠れば、1650年にできたウィーンのいくつかのコーヒーハウスがその後のヨーロッパ全域におけるコーヒー文化のに影響を与えた、と言われています。

ウィーンにあった様々なカフェには多種分野の芸術家達が集う場所であり、或る著名な詩人や哲学者達は、彼らの正式な居住地としていくつかの有名なカフェの住所を届けでていた、という事が知られています。このように語り継がれているこれらのカフェのいくつかは、まだ当時の雰囲気を残したまま引き継がれています。このような長い歴史とともに育ちながら今に至るカフェを真似したい、または真似できるとは毛頭思っておりません。しかしながら我々は、このコーヒー文化、伝統の一部を現代の今に引継ぎたいと思っております。例えば、焙煎のプロフィールにて参考にしたり、ウィーンのコーヒーハウのメニューの一部を取り入れたり、またはお客様へのサービスの仕方に関してなどです。

ウィーンから離れ、今度はイタリアの方を見てみれば、コーヒーは人々の主要な食品の内の一つです。イタリアにおいては、誰かが コーヒー と言った時にはそれはエスプレッソのことを意味しています。また、カフェのカウンターで立ち飲みするエスプレッソ一杯の最高の値段は法律によって定められています。全てのイタリアにおけるカフェのコーヒー飲料のメニューは、シングルまたはダブルエスプレッソを基礎にして作り出されています。これらのコーヒー飲料の様々なレシピは長い伝統を持ち、歴史の中で引き継がれてきたものたちです。それはおそらく、これ等飲み物が皆最高に美味しいので可能であったのでしょう。これらレシピのうち多くは、この過去30、40年に少しずつ変わってきており、時のトレンドに合わせ、より大きなカップに入れるように作られるようになってきました。ここでもまた同じように、このトレンドは間違っている、とか、美味しくなくなってしまった、などと主張する事は、傲慢であると思います。

しかしながら、私どもはこの流行には乗りません。イタリアへの愛や敬意を示す事は、私どもにとっては大切な事です。

トラにいらっしゃってくださった方々には、イタリア流にいれられたカプチーノを、小さなドルチェヴィータ付きでお出し致します。

 

カート

かごに商品が入っていません。 買い物を続ける